テーマ:台風19号災害

別所線 全線開通!

別所線が今日(3/28)全面開通し、運行を始めました!大きく破損した左岸は整備され、落ちていた鉄橋も修繕されました。あいにくの曇り空でしたが、大きく削られ鉄橋が崩落した左岸の踏切では、大臣や国会議員そして知事も出席する記念式典が行われました。そして、1年5ヶ月ぶりに電車が鉄橋を渡る姿を目にすることができました。上田市のケーブルテレビでは…

続きを読むread more

別所線 明日全線開通

2019年10月の台風19号の災害から一年半の時を経て、明日28日、別所線が全面開通します。やっとあの赤い橋を電車が走るという日常が戻ってきます。今日27日には、試運転が行われたそうです。 明日は、記念事業として乗車運賃が無料となり、式典も開かれます。youtubeで、記念式典のLIVE配信(10:45~)もあるようです。 https…

続きを読むread more

台風19号災害から1年

2019年の台風災害から、1年がたちました。 今日は、ニュースもその話題で持ちきりでした。 昨年は、特に千曲川流域の被害が顕著で、上田市の別所線の橋梁が落下したり、長野市では堤防が決壊して甚大な被害が出ました。激流となって住宅地に流れ込む千曲川、そして水に漬かる新幹線の映像は記憶に残っています。 あれから1年、ボランティアの方々や…

続きを読むread more

別所線、来年春開通!

昨年10月の台風19号で橋が落ちた別所線。来年の「3月28日に向けて全線開通を目指す」ことが発表されました。コロナ禍の中で、明るいニュースです。 現在は、上田駅とその隣の駅である城下駅の間が不通になっいて、この間はバスの代行運転になっています。3月に向けて、橋梁も撤去されて復旧工事中。ただ今は、川の水量が増える時期なので工事は休止中。…

続きを読むread more

台風災害から道半ば ~長野県上田市・別所線~

コロナで大変な昨今。ここ数年は災害も多く、昨年10月の台風19号で橋が落ちた別所線も、まだ復興は道半ばです。 久々に近くを通りかかりました。工事は進んでいますが、まだ道半ば。開通まではまだまだかかりそうです。  ※別所線へエール! ユーミンから   https://rakugaki.at.webry.info/201912/…

続きを読むread more

長野復興へ ピンバッチ 台風19号被害支援 

千曲川流域に大きな被害をもたらした台風19号。その支援も兼ねたピンバッチが発売されました。 ピンバッチのキャラクターは、長野県PRキャラクター「アルクマ」。価格は550円(税込み)で、このうち100円が「県台風第19号災害対策本部」に寄付されるそうです。台風19号からの復興に向けた合言葉「ONE NAGANO(ワンナガノ)」と記された…

続きを読むread more

震災から25年 三陸はるか沖地震 災害報道に想う

阪神淡路大震災から25年と聞くと、それから3週間ほど前の年末、1994年(平成6年)12月28日に起こった「三陸はるか沖地震」も思い出します。 死者も出ており、建物倒壊や損傷、交通やライフラインの破壊など大きな被害と影響がありましたが、のちに起こった阪神淡路大震災に比べると被害の規模とセンセーショナルさでは、その比ではなく、年末年始は…

続きを読むread more

別所線 台風災害の支援金募集 その後

11/16に書いたブログ(下記リンク先参考)で紹介していた   別所線の支援金 の締め切りが昨年の12/27にありました。 総額16,905,274円 ※ ※上田電鉄株式会社「別所線災害復旧支援金お礼」2020/1/10付   https://www.uedadentetsu.com/news/post_415.html の寄付…

続きを読むread more

信州へいらっしゃい! 「ふっこう割」始まる

「あなたの旅が、長野県を元気にします。」と、台風19号の復興施策として、 「長野県ふっこう割」 https://www.fukkouwari-nagano.com/ が始まりました。具体的には、復興割対象商品を申し込むことで、割引が受けられる形のようです。 ※ビジネス目的の宿泊商品やパック商品は対象外です。 ※令和元年12月17日~…

続きを読むread more

別所線へエール! ユーミンから

長野大学(長野県上田市、別所線沿線)の学生が、立ち上げた「別所線かけはしプロジェクト」。 その活動中、別所線の終点でもある別所温泉で支援のお願いに声をかけた女性のグループ。そこにいたのが「ユーミン」(松任谷由実)だったという話。今日の信濃毎日新聞(信州の地元紙)に載っていました。 ユーミンは、プライベートで訪問していたということで、…

続きを読むread more

農地 災害復旧にボランティア 長野県 台風19号

被災した農地の災害復旧が進まない中、離農を検討する方も出てきているそうです。そんな中、農地の災害復旧のために14日、初の試みとして「農地向け」の災害ボランティア活動が行われました。離農も検討していた農家の方が、「応援してもらった」「頑張ろう」と語る姿には、本当によかったと思いました。なぜ、早くにやらなかったのだろうと思ったくらいです。 …

続きを読むread more

しなの鉄道 全線開通へ 観光列車「ろくもん」も

先月の台風19号で一部不通となっていたしなの鉄道が、 11月15日 金曜日 全線開通となります。この1か月、上田駅と田中駅間が不通となっていて、この間を通学や通勤で利用する方々は毎日大変な思いをしていました。観光列車の「ろくもん」も運休中でした。 こちらは1週間遅れで、 11月22日 金曜日 から運行が始まるようです。予約も始…

続きを読むread more

復興にむけて「別所線」「しなの鉄道」(寄付)

災害の爪痕がまだ残っています。しかし、懸命の復旧作業で徐々に生活を取り戻そうと皆一生懸命です。報道されているところ以外でも、主に千曲川流域では、上流から下流域まで、大小の浸水や橋や堤防の損傷などの被害の影響で様々な影響がまだ続いています。 一方で、営業を再開するなど、復旧から復興へ歩を進めるところも多くなってきました。 通勤通学の重…

続きを読むread more

長野県 台風19号災害支援支援(Tシャツ、寄付)

今回、災害に見舞われた方々にお見舞い申し上げます。 住宅などボランティアの方々の支援などで片づけが進んでいますが、新聞など読むと果樹園などの農地では車などが流されてきていたり、泥が堆積していたりで、まだまだ復旧には、行政の力も含めた支援が必要なようです。改めて、災害の大きさを感じています。 さて、各地でバザーや長野県内のスポーツ団体…

続きを読むread more

災害はまだ・・・

不通になっていた松本市と上田市をつなぐ三才山トンネル。現在は開通しています。ただ、まだ災害は現在進行形だと痛感しました。 19日、上田市側の三才山トンネルに連絡する集落の道路を車で走っていた時。一部川に並行して走る道がえぐられ、陥没していました。う回路が作られ、修復工事が始まっているようでした。 そして、しばらく走っていて気づいたの…

続きを読むread more

災害対応 「水に漬かった車」について

​​​災害支援はまだ続いていますが、本日の地元紙の「信濃毎日新聞」で記事を見つけました。 テレビを見ていると必ず目に付く​「水に漬かった車」​。乗りたいと思ってすぐにエンジンをかけて動かそうとすると問題が。対応によっては、​​火が出たり、感電する危険​​があるようなので注意が必要です。 まずは、エンジンをかけたりせずに「JAF」また…

続きを読むread more

災害ボランティア募集 長野県 台風19号 (11/17更新)

千曲川沿岸がボロボロです。愛する信州に何かできなか…とおもい、これを書いています。調べてみたら高速道路の無料化など、ボランティア活動を後押しする制度もできていました。 災害ボランティアの募集が始まったり、準備が進んでいますが、一部では市内のみで「要員が足りている」「調査に注力」として「募集を限定」もしくは「募集を一時停止」などしている…

続きを読むread more

映画「サマーウォーズ」「サムライフ」の聖地が・・・ 上田市・別所線

台風19号による災害。あちこちで被害が出ました。被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げるとともに、お亡くなりになられた方々にはお悔やみ申し上げます。ただ、注意しなければいけないのは、まだ災害は「進行形」だということ。 台風のピークが過ぎたあと、映画やテレビでもよく取り上げられる「上田電鉄」の「別所線」にも被害がでました。橋が落ちてしま…

続きを読むread more