テーマ:テレビ番組

資本論 100分de名著

共産主義の拠り所としての「資本論」イメージがつきまとう本著。 しかしそれは、イデオロギー化され、ゆがめられているものであることは大学時代に経済の講義から知っていました。 加えて、今回の番組で現在世界的な課題とされている「SDGs」の考えにも通じる部分が語られていたことを知りました。 人間の活動も自然の中で、地球規模でとらえられ…

続きを読むread more

ETV特集「サピエンスとパンデミック 〜ユヴァル・ノア・ハラリ特別授業〜」をみて

「サピエンス全史」著者のハラリ氏と若者とのやり取りから、世界のとらえ方の新たな視点や発見がありました。「パンデミック」は大きな要素ではありますが、内容的にはそれだけにとどまらない「対立」「団結」など分野を超えて本質的なやりとりがされている印象でした。フィクションとそれらの選択、選択に際しての指針についても語られていて、とても興味深く視聴…

続きを読むread more

合唱の可能性 〜「題名のない音楽会」を観て〜

「飛沫が飛ぶ」ということで、コンサートを始め学校での授業でさえもがこのコロナ禍の中で「合唱」が敬遠されています。 そんな中世界的なマエストロであり、東京混声合唱団の音楽監督である山田和樹さんが、「口を閉じで歌うハミングでは・・・」と、3人の作曲家に楽曲の制作を依頼しました。それが、「題名のない音楽会」で演奏されました。作曲家は…

続きを読むread more

ETV特集「サヘルの旅~傷みと生きるということ~」を観て

15日のETV特集ですが、良い番組でした。 タイトルに名前が挙がっているサヘル・ローズさんは、NHKの「探検バクモン」の進行役として出演されていました。 今回視聴したドキュメンタリーは、そのサヘルさんに密着した7年間の記録です。 サヘルさんが、イラン・イラク戦争の孤児で、日本に来てからもいじめにあうなど自殺を考えるほど苦しみ、大変…

続きを読むread more

【ストーリーズ】ノーナレ「校長は反逆児」をみて

様々なことを考えさせられた回でした。 組織論からみて、世田谷区の教育界で校長がこの中学を作り上げられる素地があったことに驚かされました。もちろん、「他と違う」ことをすることは、多くの誹謗中傷をはじめとする多くの困難や苦労が当時者の方々にはあったと思います。しかし、ともすると昨今はやりの「企業統治」よろしく、組織としては「管理」という大…

続きを読むread more

ETV特集 「緊急対談 パンデミックが変える世界〜歴史から何を学ぶか〜」をみて

再放送が、4/9(木) 午前0:00~午前1:00にあります。 ETV特集 「緊急対談 パンデミックが変える世界〜歴史から何を学ぶか〜」 現在のパンデミックに対応するために、そして後の世界について考えるために、ぜひ見たらよいと思った番組でした。 出演者は、漫画「テルマエ・ロマエ」の作者であるヤマザキマリさん。 歴史家の磯田道…

続きを読むread more

絵本「へいわって~」 NHK「あさイチ」浜田桂子さん

今日は、阪神淡路大震災が発生した日。あれから、25年たちました。 NHKの「あさイチ」で絵本作家の浜田桂子さんが出演されていました。浜田さんが書かれた「へいわってどんなこと?」が先月、香港で出版されたばかりとか。香港といえば、現在民主化を求める激しいデモが行われている中国の都市です。その影響は、先日行われた台湾の総統選挙にも大きな影響…

続きを読むread more

紙パックで 授乳!

NHKおはよう日本の​​「まちかど情報室」​​のコーナー。今日は「かさばりません」がテーマでした。「あ、これ便利!」と思ったのは、「授乳」 最近認可された紙パックの「液体ミルク」。直接(!)乳首を取り付けて授乳​ができる!​11 月 29 日(金)よりアカチャンホンポにて独占先行発売されているもののようです。(上記画像は、ジェクス株式…

続きを読むread more

「これは経費で落ちません!」NHK総合で再放送

「これは経費で落ちません!」NHK総合での再放送が決まりました!本編放送後、結婚を発表したコメディアンヌ多部さん。多部さんの魅力満載です。オモシロイお薦め番組です。2020年1月2日(木)<1日(水)深夜>午前0時25~1時13分30(1)午前1時14~2時2分30(2)午前2時3~2時51分30(3)午前2時52~3時40分30(4)…

続きを読むread more

とうふちくわ 鳥取の郷土食

先日のNHKおはよう日本のなかで、 砂丘で有名な鳥取県の​郷土料理「とうふちくわ」​​が紹介されていました。 魚が貴重だった時代に、畑の畔などで作られていた大豆を原料とする豆腐と合わせてちくわ上にしたものだとか。ヘルシーですね。動物たんぱく質と植物性たんぱく質がいっぺんにとれてしまう。ネットでも手に入れられます。 お試しセット …

続きを読むread more

感想 「沢則行×宮城聰」 Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」

人形劇師の沢則行氏と、演出家の宮城聰の対談を観ました。 10/12のEテレの番組「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」でのことです。国際的に活躍されるお二方ですが、失礼ながら私は存じ上げませんでした。お二人とも表現者であり、また指導者でもあるためでしょうか。お話には広がりと深みがあって、それでいて分かりやすく、多くの気づきがあり…

続きを読むread more

100分で名著 「善の研究」

グローバル化がすすみ、自由を謳歌できる。そう思っていたのに、どこか暮らしにくい。 「こんな今だからこそ、この本を読んでほしい」 解説者の若松先生が、言っていました。 著者の西田幾太郎さんは、明治の人。生家が没落し、経済的に大変な中、大学を卒業。しかし、教師の職に就いたものの辞めされたり、生まれた子供もなくしたりと悲哀の人生を生きた…

続きを読むread more

NHK「これは経費で落ちません!」が面白い

コメディアンヌの多部さんや東京O3の角田さん、そして演技巧者の吹越さん。この3人が出るのであれば、とりあえず見よう!そう思って、観て、はまりました。 「経費で落ちません」という言葉は、会社勤めしていればよく聞く言葉。そこをどう広げていくのかにも興味を持ちました。 重岡さんや伊藤さんの若手に加えて、マッサンにも出ていたこれも演技巧者の…

続きを読むread more

感想 「最後の講義」(NHK) 西原理恵子

NHKにBS1で放送された 「最後の講義」 という番組だ。 東京女子大学で収録された。女性向けにはとても得るものが多く、男性には少々耳に痛かった事もあったのではないだろうか。「女性」を他の言葉、例えば「障害者」「LGBT」などに置き換えると、より一層深みのある講義であった。 演者は、西原理恵子さん、漫画家だ。「毎日かあさん」の原…

続きを読むread more