上田城 松本城 をつなぐバス

上田市と松本市、それぞれ「上田城」「松本城」がありますが、それぞれの市を直接結ぶバスがあることをご存知でしょうか? 流石にお城直通ではないのですが、それぞれの駅前から、バスが出ており、駅前からそれぞれのお城へは町中を通って、15分ほど。散策しながらにはちょうど良い距離です。 かかる時間は、1時間半ほど。電車に比べると、コストパフォー…

続きを読むread more

映画「サマーウォーズ」10周年記念 聖地で企画展

「信州上田サマーウォーズ実行委員会2019」が設立され、26日に設立総会があったそうです。これに併せて、公開10周年に向けた記念事業も発表されました。 映画「サマーウォーズ」の聖地である「上田」。 市内にはタペストリーも飾られ、企画展やスタンプラリーなどが実施されるそうです。 7月6日~9月1日までは上田城址公園の入り口に…

続きを読むread more

「ジャガー横田×高橋孝雄」 NHK Eテレ「SWITCHインタビュー達人達」

プロレスラーのジャガー横田さんと、小児科医の高橋孝雄さんの対談です。とても内容の濃いものでした。が、とき折、「クスリ」と笑ってしまう場面も。 再放送が、30日にあります。子育て、不妊治療、生き方の指針をどうもつかなど、横田さんの言葉には、先日引退されたイチローさんの「はかり」と言葉こそ違えど、同じことをおっしゃっていた場面もありました…

続きを読むread more

iPadの最新モデル発表

iPad miniの最新モデルと、10.5インチRetinaディスプレイの新型iPad AirがApple社から発表されました。 どちらもA12 Bionicプロセッサを搭載を搭載しているということで、処理能力は良さそう。ホームボタンは残されたようです。FaceIDをデモ機で便利と思いつつも、まだ一抹の不安がある私にはありがたいことで…

続きを読むread more

「祈りの帆」(気仙沼市) クラウドファンディング

気仙沼市で、東日本大震災の「モニュメント」建立のため、クラウドファンディングが実施されています。 (2019年4月28日(日)午後11:00まで) コンセプトは、「追悼」「伝承」「再生」。 コンペが開催され、、コンペで寄せられた想いを一つでも多く取り入れるべく、「基本設計の核となる作品」の作者を監修者に迎え、コンペ入賞作品…

続きを読むread more

微弱電流で早く治る?美容効果も?

スポーツ界では、「マイクロカレント」と言う技術を取り入れ始めているとのことです。ねんざなどの怪我の回復や、一歩進んで、運動能力の向上にも利用が始まっているそうです。 話は聞いたことがあったので、13日の「クロースアップ現代プラス」を、興味深く見ました。 医療機器メーカのオムロンが「マイクロカレント」を使った機器を発売し、東京マラ…

続きを読むread more

「転勤」は時代遅れ?

12日の「クローズアップ現代」で、「転勤」が取り上げられていました。年度末になるとサラリーマンの悲喜こもごもの場面が繰り広げられますが、「転勤はすでに時代遅れ?」とも思える内容でした。 最近の学生の意識も転勤を望まない傾向にあるようです。 (番組HPより) そもそも、番組で紹介されていた「育児・介護休業法」の26条にある「…

続きを読むread more

Let's think (3年A組)

「3年A組-今からみなさんは、人質ですー」 久しぶりに面白く、目の離せない骨太のドラマでした。 見方によって、複数のテーマで語ることができるドラマでした。 人間関係。ネット社会。番組の構成・シナリオ。 撮影・演出。音楽。 等々 よく考えられた作品だと思いました。 (画像は、公式twitterにリンク) 多く…

続きを読むread more

ホーキング博士の遺言?

スティーヴン・ホーキング博士がなくなり、1年がたとうとしています。そんな中、3月6日のNHK クロースアップ現代+で、博士の最後の著作が紹介されていました。 「ビッグ・クエスチョン―〈人類の難問〉に答えよう 」 (原題は「Brief Answers to the Big Questions」) NHKは、7年前から取材をしてい…

続きを読むread more

映画「3月のライオン」を観て

2017年に前編、後編として公開された映画が、先日BSで放送されました。 良かったです。作品の雰囲気だけではなく、美術も、撮影もコミックのワンシーンを見ているかのように大切に作られていたように思います。特に零のメガネの映し方は、コミックでも彼の感情を描く重要アイテムと思っていたので、それが工夫されていたことに感動すら覚えました。 …

続きを読むread more

子供のスマホ利用~新学期を前に~

入学や新学期を控えて、子供へのスマートフォンの対応をどうするか悩む時期に入ってきています。そんな中、2月19日の「クロースアップ現代+」を見ました。タイトルは、 「”スマホ脳過労”記憶力や意欲が低下」 でした。その中で、特に気になったのは、東北大学の川嶋先生の 「スマホの使用時間が長い子どもの大脳に発達の遅れが見られる」 との指…

続きを読むread more

映画「サマーウォーズ」10周年 映画の舞台では

細田守監督の2018年公開の映画、『未来のミライ』がアニメ界のアカデミー賞と呼ばれる第46回アニー賞の長編インディペンデント作品賞を受賞しましたが、 その細田守監督の2009年公開で、いまだに根強いファンを持ち、テレビでも時折再放映される 映画「サマーウォーズ」 が、この2019年で10周年を迎えます。 舞台となった…

続きを読むread more

OMF SK松本合唱団 募集はじまる

セイジ・オザワ 松本フェスティバル(以下、OMF)の名物オープンイベント お城deハーモニーなど、歓迎演奏会に出演しているSK松本合唱団の団員募集が始まりました! オーディションの日程も発表になっています。 「SK松本合唱団 メンバー募集中!」 https://www.ozawa-festival.com/news/2019/…

続きを読むread more

読書「日本型組織の病を考える」 村木厚子

本著は、若者、女性、法学を志す人、人権・福祉を志す人など多くの方に手に取ってみてほしい本です。2019年1月18日にNHKの朝の情報番組「あさイチ」にでられた元厚生労働省次官の村木厚子氏によって書かれました。 氏がNHKの朝の情報番組「あさイチ」の「プレミアムトーク」に出られて、2週間たちました。 私は、録画をしてみましたが、そ…

続きを読むread more

読書 「続・一日一生」

2週間前に、NHKの「あさイチ」にでた元厚労省次官の村木厚子氏が、番組中で拘留中に支えとなったとして紹介した酒井雄哉(さかいゆうさい)師の「一日一生」の続編にあたるのが本書です。 「一日一生」から始まり「生」「老」「病」「死」で各章立てがされ、最後にはなくなる3日前のインタビューが載っています。 各章の中は、2から3ページほどの…

続きを読むread more

期待 「大衆の反逆」 NHK「100分de名著」

民主主義の時代といわれながら、その危機が叫ばれています。それは、民主主義が必ずしも社会問題の解決に力を発揮しなくなっている、市民の意見や想いが政治に反映されていないためだと思います。少子高齢化、景気判断の政府と市民の肌感覚との乖離、昨年も多くの時間を割かれた森友・加計問題もその一つでしょう。 歴史の中で過ちを繰り返さない、福島県の会津…

続きを読むread more

感想 医療の常識が大逆転!患者1330万人「腎臓病」治療革命(ためしてガッテン)

ためしてガッテン「医療の常識が大逆転!患者1330万人「腎臓病」治療革命」をみました。改めて医療の発達と、その範囲が「療養」「生活改善」に及んでいることを感じるとともに、「働き方改革」に象徴される労働環境の見直しとの関連を考えた。 ためしてガッテン「医療の常識が大逆転!患者1330万人「腎臓病」治療革命」</span>…

続きを読むread more

感想 「むつのをコンサート」 2019.1

むつのをコンサート。 毎年楽しみにしていますが、今年も先日キッセイ文化ホールで行われたコンサートを聴いてきました。 前半は、琴と尺八を中心とした楽曲と志茂田景樹さんの朗読。 後半は、三味線も入っての楽曲「HORIZON」に始まり、尺八と琴を中心とした歌謡曲。そして恒例のSK松本ジュニア合唱団との共演でした。 前半の楽…

続きを読むread more