映画「Fukushima50」 の若松監督 監督賞

まだ復興、道半ばの福島。その大きな要因は、福島第一原発の大事故。映画でも語られているが、この事故は日本を破滅させるのに十分な事故だった。そうならなかったのは、奇跡以外の何物でもない。 この事件を取り上げた映画「Fukushima50」が、今年の日本アカデミー賞で監督賞など6部門で最優秀賞となりました。その受賞コメントで若松監督の語った…

続きを読むread more