別所線 全線開通!

別所線が今日(3/28)全面開通し、運行を始めました!大きく破損した左岸は整備され、落ちていた鉄橋も修繕されました。あいにくの曇り空でしたが、大きく削られ鉄橋が崩落した左岸の踏切では、大臣や国会議員そして知事も出席する記念式典が行われました。そして、1年5ヶ月ぶりに電車が鉄橋を渡る姿を目にすることができました。上田市のケーブルテレビでは…

続きを読むread more

別所線 明日全線開通

2019年10月の台風19号の災害から一年半の時を経て、明日28日、別所線が全面開通します。やっとあの赤い橋を電車が走るという日常が戻ってきます。今日27日には、試運転が行われたそうです。 明日は、記念事業として乗車運賃が無料となり、式典も開かれます。youtubeで、記念式典のLIVE配信(10:45~)もあるようです。 https…

続きを読むread more

医療現場にエールを 倉本聰さん

コロナ禍の中、私たちの生活や命を支えてくれている人たちが多く頑張ってくれています。 最近でこそ、効果的な対策が理解されてきてこうした方々も感染リスクへの不安をケアする方策も出てきています。電気や水道、運輸などのインフラ。介護施設や障害者の方や高齢者の方など要支援者を支援されている方々。掃除やごみの収集など、ウィルスと直接触れてしまうリ…

続きを読むread more

映画「Fukushima50」 の若松監督 監督賞

まだ復興、道半ばの福島。その大きな要因は、福島第一原発の大事故。映画でも語られているが、この事故は日本を破滅させるのに十分な事故だった。そうならなかったのは、奇跡以外の何物でもない。 この事件を取り上げた映画「Fukushima50」が、今年の日本アカデミー賞で監督賞など6部門で最優秀賞となりました。その受賞コメントで若松監督の語った…

続きを読むread more

群青 東日本震災から10年

「ああ あの街で生まれて君と出会い  たくさんの想い抱いて 一緒に時を過ごしたね」 から始まる合唱曲。 最初に聞いたのは地元の中学生の合唱でした。 哀愁を帯びた、そしてしみいる歌詞と曲、子供たちの歌声にウルッときました。 その後、 この曲が福島県南相馬の原発事故で離ればなれになった子供たちの言葉が拾い上げられ、 教…

続きを読むread more