コロナ 尾身会長の言葉など

文芸春秋 2月号。 特集記事の「第二次コロナ戦争」は大変役に立った。 コロナ禍のこの年末に向けての動きについて、尾身会長の言葉が重い。 また、安倍政権から菅政権、現在の政権について語った片山氏の分析については、二次大戦中の「欲しがりません勝つまでは」と標語や精神論に頼って、方策を見失っていた当時の軍部や政治家と重なって見え…

続きを読むread more