資本論 100分de名著

共産主義の拠り所としての「資本論」イメージがつきまとう本著。
しかしそれは、イデオロギー化され、ゆがめられているものであることは大学時代に経済の講義から知っていました。

加えて、今回の番組で現在世界的な課題とされている「SDGs」の考えにも通じる部分が語られていたことを知りました。
人間の活動も自然の中で、地球規模でとらえられていたという視点は、確かに講義で聞いたようにも思いましたが、新鮮に感じられました。

時代を超える名著。
それゆえにイデオロギーの災禍にもあった本著ですが、改めてひも解いてみようかと思いました。


カール・マルクス『資本論』 2021年1月 (NHK100分de名著) (100分 de 名著) [ 斎藤 幸平 ] - 楽天ブックス
カール・マルクス『資本論』 2021年1月 (NHK100分de名著) (100分 de 名著) [ 斎藤 幸平 ] - 楽天ブックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント