ETV特集「サピエンスとパンデミック 〜ユヴァル・ノア・ハラリ特別授業〜」をみて

「サピエンス全史」著者のハラリ氏と若者とのやり取りから、世界のとらえ方の新たな視点や発見がありました。
「パンデミック」は大きな要素ではありますが、内容的にはそれだけにとどまらない「対立」「団結」など分野を超えて本質的なやりとりがされている印象でした。
フィクションとそれらの選択、選択に際しての指針についても語られていて、とても興味深く視聴しました。
再放送も予定されています。

<再放送予定>
[NHKEテレ1・東京] 2020年11月19日 午前0:00 ~ 午前1:00 (60分)

<出席した生徒たちの学校>
「ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン」(軽井沢)

<サピエンス全史>


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント