マスクがエチケット

コロナの影響が止まりません。
そのような中、「マスクをすること」が「エチケット」となってきました。

しかし、マスクは万能ではありません。
コロナウィルスは、その大きさから布マスクなどの隙間をすり抜けて来るそうです。
ただ、ウィルスを感染させるのに大きな役割を担う「飛沫」の飛散を抑制する効果はあるとのこと。

つまり、相手の飛沫を防御し、自らが他人に感染させるリスクを低くすることができるということです。
これが「エチケット」とされる所以ですね。

よくマスクを取るときに紐だけと手に取ってそのままビニール袋などに捨てて密閉して捨てるというのも納得。
つまり、マスクの外には防いだはずのウィルスがついている可能性があること。
それを触ってしまっては、折角防御したウィルスに触ってしまうということ・・・・ということなのですが、
なかなか難しいですね。

感染経路の特定が難しいケースも出てきていて、もしかしたら知らぬ間に自分が感染者となっている可能性が高くなってきています。
身近な人はもちろんのこと、お店や飲食店など私たちの生活を支えてくれている方々のためにも、マスクの着用は心がけたいものです。
ただ、
熱中症の危険には、注意する必要があります。
実際、私はマスクをしていたら、だんだん頭痛がひどくなってきて、慌てて首筋を濡れタオルで冷やしたり、マスクを外したことがありました。
コロナにはかからなかったけど熱中症で・・・・と、ならないようにしなくては。

他にも、手洗いや消毒、ソーシャルディスタンスなどの感染予防策も併せてとっていきたいと思う「新しい日常」です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント