踏みとどまってほしかった 「自殺」

将来ある女優さんが、また? 本日、竹内結子さんが亡くなったことが報道されました。自殺の可能性があるとのこと。 <所属事務所HPより> 先日、芦名星さんを悼むブログを書いたばかりで、「まさか」と思いました。 どのような事情があったかは、うかがい知れませんが、感動や明日への気力を与えてくれる芸能人の方のこのような悲報は、とて…

続きを読むread more

芦名星さんを悼んで

前シーズンでの相棒18でも出演されていました。優秀な女性記者役で常連となってきていて、回を増すごとに役に厚みが増してきていて今後の役の発展も楽しみだったのですが、亡くなられたとのこと。大変残念です。(「相棒」HPより) 民放番組のドラマで拝見した後、その時に見た狂気と哀愁と複雑な背景をも感じさせるその演技にくぎ付けになりました。『ON…

続きを読むread more

戸隠神社 (中社)

コロナ禍の中、人がいなさそうな平日を狙って、古い歴史を持つ、長野市の「戸隠神社」へ行ってきました。 今回は5社のうち、中社を参拝。中社の西参道から入りました。こちらからだと駐車場から拝殿に近いから。 そうはいっても現在工事中の大鳥居にまで行きました。 平日だったこともあってほとんどだれもいず、木々の生い茂る高原の涼しい空気に触れな…

続きを読むread more

別所線、来年春開通!

昨年10月の台風19号で橋が落ちた別所線。来年の「3月28日に向けて全線開通を目指す」ことが発表されました。コロナ禍の中で、明るいニュースです。 現在は、上田駅とその隣の駅である城下駅の間が不通になっいて、この間はバスの代行運転になっています。3月に向けて、橋梁も撤去されて復旧工事中。ただ今は、川の水量が増える時期なので工事は休止中。…

続きを読むread more

Seiji Ozawa Day(小澤征爾の日)<ボストン>

アメリカのボストン市が、2020年9月1日を「Seiji Ozawa Day(小澤征爾の日)」に認定したそうです。毎年開催され、総監督を務める「セイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)」のホームページで見つけました。 9/1は、小澤総監督の誕生日。今年で85歳になりました。例年であれば、フェスティバルの中でオーケストラがハッピーバー…

続きを読むread more

合唱の可能性 〜「題名のない音楽会」を観て〜

「飛沫が飛ぶ」ということで、コンサートを始め学校での授業でさえもがこのコロナ禍の中で「合唱」が敬遠されています。 そんな中世界的なマエストロであり、東京混声合唱団の音楽監督である山田和樹さんが、「口を閉じで歌うハミングでは・・・」と、3人の作曲家に楽曲の制作を依頼しました。それが、「題名のない音楽会」で演奏されました。作曲家は…

続きを読むread more

ETV特集「サヘルの旅~傷みと生きるということ~」を観て

15日のETV特集ですが、良い番組でした。 タイトルに名前が挙がっているサヘル・ローズさんは、NHKの「探検バクモン」の進行役として出演されていました。 今回視聴したドキュメンタリーは、そのサヘルさんに密着した7年間の記録です。 サヘルさんが、イラン・イラク戦争の孤児で、日本に来てからもいじめにあうなど自殺を考えるほど苦しみ、大変…

続きを読むread more

信州安曇野スイス村が閉店?ざわついた週末

安曇野インターを降りて白馬方面に向かう県道の途中のドライブイン 「信州 安曇野スイス村」。7/31付で閉店か?(あずみ野テレビより) ドキッとさせられるニュースでした。 が、昨日 8/3にホームページの「あずみ野だより」、ホームページに「誤り」であったことが報告されました。 なんでも、「閉店のお知らせ」が7/30に誤ってホーム…

続きを読むread more

マスクがエチケット

コロナの影響が止まりません。そのような中、「マスクをすること」が「エチケット」となってきました。 しかし、マスクは万能ではありません。コロナウィルスは、その大きさから布マスクなどの隙間をすり抜けて来るそうです。ただ、ウィルスを感染させるのに大きな役割を担う「飛沫」の飛散を抑制する効果はあるとのこと。 つまり、相手の飛沫を防御し、自ら…

続きを読むread more

台風災害から道半ば ~長野県上田市・別所線~

コロナで大変な昨今。ここ数年は災害も多く、昨年10月の台風19号で橋が落ちた別所線も、まだ復興は道半ばです。 久々に近くを通りかかりました。工事は進んでいますが、まだ道半ば。開通まではまだまだかかりそうです。  ※別所線へエール! ユーミンから   https://rakugaki.at.webry.info/201912/…

続きを読むread more

2020年セイジ・オザワ 松本フェスティバル 開催中止

新型コロナウィルスの影響で、今年のセイジ・オザワ 松本フェスティバル(OMF) が中止が、5/14発表されました。 毎年松本の通りがOMFのエンブレムに飾られ、世界で活躍する名演奏家たちに加え、街角コンサート、出前コンサート、そして小中学生の吹奏楽のパレードなど多くの市民も参加する音楽の祭典が開かれないことは、大変残念です。 ホーム…

続きを読むread more

【ストーリーズ】ノーナレ「校長は反逆児」をみて

様々なことを考えさせられた回でした。 組織論からみて、世田谷区の教育界で校長がこの中学を作り上げられる素地があったことに驚かされました。もちろん、「他と違う」ことをすることは、多くの誹謗中傷をはじめとする多くの困難や苦労が当時者の方々にはあったと思います。しかし、ともすると昨今はやりの「企業統治」よろしく、組織としては「管理」という大…

続きを読むread more

GWがおわって 

4/12にも少し触れましたが、やっとデータが出てきました。「陽性率」というものがそれです。 でも、案の定データのとり方や精度には問題あるようです。つまり、データの取得の前提条件が異なっていたり、一貫性がなかったりしているようです。 データそのものの質が悪ければ、そこから出てくる判断や分析はおのづと不備なものになります。どんな優秀な方…

続きを読むread more

GW と コロナウィルス

連休が終わります。患者の増加についての発表が少なくなってきていることもあってか、規制緩和の話も出てきています。 しかし、注意しなければならないのは、まだコロナウィルスには、「クスリ」も「ワクチン」もない状況は変わっていないということです。 ニュースで、「認可される」という薬は「コロナウィルス」専用ではありませんし、根治するものでもあ…

続きを読むread more

試練の先にあるものにおもう。

世の中にはセーフティネットというものがあります。体を壊したり、今回のような社会不安が起きた時に「命を保つため」に用意されている制度や仕組みです。 セーフティネットとは、もともとサーカスの空中ブランコでの演者の落下による生命やけがの防止のために張られた網が起源だったと思います。転じて、経済の不安や今回のようなコロナなどの経済や社会の状況…

続きを読むread more

コロナ対策 検査の重要性が改めて~検査数と死亡率の関係~

猛威を振るうコロナ。当初から日本の検査実績の少なさと、検査の実施可能数の少なさが指摘されてきていましたが、改めて検査の重要性が、研究により実証された形です。 国立大学法人 千葉大学  大学院薬学研究院 樋坂章博教授 のグループ(内容は、下記リンク先を参考) 現在はどうなのか。最近、NHKのニュースで陽性率の上昇が報道されていましたが…

続きを読むread more