別所線 全線開通!

別所線が今日(3/28)全面開通し、運行を始めました!大きく破損した左岸は整備され、落ちていた鉄橋も修繕されました。あいにくの曇り空でしたが、大きく削られ鉄橋が崩落した左岸の踏切では、大臣や国会議員そして知事も出席する記念式典が行われました。そして、1年5ヶ月ぶりに電車が鉄橋を渡る姿を目にすることができました。上田市のケーブルテレビでは…

続きを読むread more

別所線 明日全線開通

2019年10月の台風19号の災害から一年半の時を経て、明日28日、別所線が全面開通します。やっとあの赤い橋を電車が走るという日常が戻ってきます。今日27日には、試運転が行われたそうです。 明日は、記念事業として乗車運賃が無料となり、式典も開かれます。youtubeで、記念式典のLIVE配信(10:45~)もあるようです。 https…

続きを読むread more

医療現場にエールを 倉本聰さん

コロナ禍の中、私たちの生活や命を支えてくれている人たちが多く頑張ってくれています。 最近でこそ、効果的な対策が理解されてきてこうした方々も感染リスクへの不安をケアする方策も出てきています。電気や水道、運輸などのインフラ。介護施設や障害者の方や高齢者の方など要支援者を支援されている方々。掃除やごみの収集など、ウィルスと直接触れてしまうリ…

続きを読むread more

映画「Fukushima50」 の若松監督 監督賞

まだ復興、道半ばの福島。その大きな要因は、福島第一原発の大事故。映画でも語られているが、この事故は日本を破滅させるのに十分な事故だった。そうならなかったのは、奇跡以外の何物でもない。 この事件を取り上げた映画「Fukushima50」が、今年の日本アカデミー賞で監督賞など6部門で最優秀賞となりました。その受賞コメントで若松監督の語った…

続きを読むread more

群青 東日本震災から10年

「ああ あの街で生まれて君と出会い  たくさんの想い抱いて 一緒に時を過ごしたね」 から始まる合唱曲。 最初に聞いたのは地元の中学生の合唱でした。 哀愁を帯びた、そしてしみいる歌詞と曲、子供たちの歌声にウルッときました。 その後、 この曲が福島県南相馬の原発事故で離ればなれになった子供たちの言葉が拾い上げられ、 教…

続きを読むread more

資本論 100分de名著

共産主義の拠り所としての「資本論」イメージがつきまとう本著。 しかしそれは、イデオロギー化され、ゆがめられているものであることは大学時代に経済の講義から知っていました。 加えて、今回の番組で現在世界的な課題とされている「SDGs」の考えにも通じる部分が語られていたことを知りました。 人間の活動も自然の中で、地球規模でとらえられ…

続きを読むread more

爆笑問題 田中さん救急搬送 におもう

爆笑問題の田中さんが、くも膜下出血で救急搬送されたとのこと。 しかし、対応が早くて大事に至らなかったということで、良かったと思いました。 ただ、コロナ禍の中での救急搬送。 医療崩壊叫ばれる中、コロナ患者が救急搬送中に死亡したり、救急の受け入れ先がないという状況に陥っているというニュースも聞かれるようになってきている中での救急搬…

続きを読むread more

コロナ 尾身会長の言葉など

文芸春秋 2月号。 特集記事の「第二次コロナ戦争」は大変役に立った。 コロナ禍のこの年末に向けての動きについて、尾身会長の言葉が重い。 また、安倍政権から菅政権、現在の政権について語った片山氏の分析については、二次大戦中の「欲しがりません勝つまでは」と標語や精神論に頼って、方策を見失っていた当時の軍部や政治家と重なって見え…

続きを読むread more

石川佳純選手 優勝 全日本卓球 

劇的でした。 石川選手と伊藤選手の試合は、点差がついても全く点差があてにならない、好ゲームでした。 NHKの「プロフェッショナル」など、様々なドキュメント番組で石川選手の苦境と努力を見ていたので、優勝者インタビューに、感情の高まりで答えられなくなった場面では、思わずこちらも涙してしまいました。 幼いころから卓球をを初めて、全日…

続きを読むread more

「ピーターと狼」 人気公演が放送されます。

今年は中止となってしまったOMF。 「Seiji Ozawa Matsumoto Festival」 毎年、地元の長野朝日放送ではその年のフェスティバルの演目を放送しています。 今年は中止になったのでというわけかどうかはわかりませんが、 去年のフェスティバルで大変人気だったプログラムの「ピーターと狼」が放送されます。 …

続きを読むread more

KEIKOさん セカンドライブ

12/16に、セカンドライブがありました。オンラインでの視聴になりましたが、KEIKOさんの歌の魅力あふれるライブでした。 ファーストアルバムの「Lantana]からの楽曲が主でしたが、曲の雰囲気に合わせて激しく、時には穏やかに変幻自在。どこか整っているCDとはまた一味違う世界があったように思います。歌の世界に入ると豹変。改めて声の魅…

続きを読むread more

kalafina のKEIKOさんがソロ活動開始

3人の女性ボーカルユニットの「kalafina」が2019年3月に活動を停止。3人のそれぞれの声の特徴と役割がぴったりとはまった世界観に魅了された一人です。 中でも低音部からアンサンブルを下支えしつつ、表情豊かなKEIKOさんの歌声には特別にひかれていました。 ソロアルバムは、私の魅了された低音の魅力は抑えめで、明るいアルバムになっ…

続きを読むread more

ETV特集「サピエンスとパンデミック 〜ユヴァル・ノア・ハラリ特別授業〜」をみて

「サピエンス全史」著者のハラリ氏と若者とのやり取りから、世界のとらえ方の新たな視点や発見がありました。「パンデミック」は大きな要素ではありますが、内容的にはそれだけにとどまらない「対立」「団結」など分野を超えて本質的なやりとりがされている印象でした。フィクションとそれらの選択、選択に際しての指針についても語られていて、とても興味深く視聴…

続きを読むread more

台風19号災害から1年

2019年の台風災害から、1年がたちました。 今日は、ニュースもその話題で持ちきりでした。 昨年は、特に千曲川流域の被害が顕著で、上田市の別所線の橋梁が落下したり、長野市では堤防が決壊して甚大な被害が出ました。激流となって住宅地に流れ込む千曲川、そして水に漬かる新幹線の映像は記憶に残っています。 あれから1年、ボランティアの方々や…

続きを読むread more

戸隠神社 (中社)

コロナ禍の中、人がいなさそうな平日を狙って、古い歴史を持つ、長野市の「戸隠神社」へ行ってきました。 今回は5社のうち、中社を参拝。中社の西参道から入りました。こちらからだと駐車場から拝殿に近いから。 そうはいっても現在工事中の大鳥居にまで行きました。 平日だったこともあってほとんどだれもいず、木々の生い茂る高原の涼しい空気に触れな…

続きを読むread more

別所線、来年春開通!

昨年10月の台風19号で橋が落ちた別所線。来年の「3月28日に向けて全線開通を目指す」ことが発表されました。コロナ禍の中で、明るいニュースです。 現在は、上田駅とその隣の駅である城下駅の間が不通になっいて、この間はバスの代行運転になっています。3月に向けて、橋梁も撤去されて復旧工事中。ただ今は、川の水量が増える時期なので工事は休止中。…

続きを読むread more

Seiji Ozawa Day(小澤征爾の日)<ボストン>

アメリカのボストン市が、2020年9月1日を「Seiji Ozawa Day(小澤征爾の日)」に認定したそうです。毎年開催され、総監督を務める「セイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)」のホームページで見つけました。 9/1は、小澤総監督の誕生日。今年で85歳になりました。例年であれば、フェスティバルの中でオーケストラがハッピーバー…

続きを読むread more

合唱の可能性 〜「題名のない音楽会」を観て〜

「飛沫が飛ぶ」ということで、コンサートを始め学校での授業でさえもがこのコロナ禍の中で「合唱」が敬遠されています。 そんな中世界的なマエストロであり、東京混声合唱団の音楽監督である山田和樹さんが、「口を閉じで歌うハミングでは・・・」と、3人の作曲家に楽曲の制作を依頼しました。それが、「題名のない音楽会」で演奏されました。作曲家は…

続きを読むread more

ETV特集「サヘルの旅~傷みと生きるということ~」を観て

15日のETV特集ですが、良い番組でした。 タイトルに名前が挙がっているサヘル・ローズさんは、NHKの「探検バクモン」の進行役として出演されていました。 今回視聴したドキュメンタリーは、そのサヘルさんに密着した7年間の記録です。 サヘルさんが、イラン・イラク戦争の孤児で、日本に来てからもいじめにあうなど自殺を考えるほど苦しみ、大変…

続きを読むread more